結婚式のプロフィールムービー制作はプロフィールビデオのPAM 
mailお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

結婚式で「花嫁の手紙」演出をやらない方が半数以上?!
花嫁からの手紙を読まない割合が50%以上!その理由は?

花嫁からの手紙を読まない割合が50%以上!その理由は?


結婚式に行くと必ずといっていいほどあった演出が新婦から両親への手紙の朗読『花嫁からの手紙』でした
ところが今はこの演出をやったというカップルは40.6%と半分以下まで減少!
その「手紙を読まないワケ」をご紹介致します。



1.花嫁の手紙の演出はやった?やらない?


ちょっと前までほとんどの結婚式で目にしていた『花嫁からの手紙の朗読』
マイナビ・ウェディングさんが結婚式を行った花嫁223名にアンケートを行った結果、なんと59.4%の花嫁が「読まなかった」という驚くべき結果となりました。


2.やらなかった理由


  • 恥ずかしいから
  • 泣いて手紙が読めなくなってしまいそう
  • みんなの前ではなく親だけに伝えたい
やった方の理由には「感謝の気持ちを伝えたかった」「やるのが当たり前だと思っていたから」などの理由があがったようです。
この結果から「親には感謝の気持ちを伝えたい」でも、親だけに伝わればいいものでゲストに見せるものではないといった意味合いが感じ取られます。
また、やはり「恥ずかしい」「泣いて読めなかったらどうしよう」という演出に対する自信が持てないといった感情がうかがえました。
でも、両親には伝えたいを形にすると?


3.当日「両親への手紙ビデオ」をビデオレターとして上映


「花嫁の手紙の演出」をやらなかった方へ、代わりにどんな演出をしたのかのアンケートでは「ビデオレターにして渡した」「映像演出で両親への感謝を伝えた」「アルバムにメッセージを添えてプレゼントした」などが目立ったようでした。
やはり感謝の気持ちは伝えたいなら、手紙はもちろん自分で気持ちを込めて書きそれをビデオレターという形で懐かしい写真と共に映画のエンドロールのような形でながす方法があります。
もちろん新婦の声で直接手紙を読んでもらえる感動も大切ですが懐かしい写真と一緒に気持ちのこもった文章が流れれば想いは伝わるのではないでしょうか?


4.手紙の文面を考える


それでは「ビデオレター」として、「両親(家族)へのプレゼント」としておくる『花嫁の手紙』の文章を考えて見ましょう

花嫁の手紙 文章(例)
※当日上映する場合
大好きなお父さんお母さん、そして家族のみんなへ
泣いちゃって手紙が読めるかわからないから
ちゃんと伝えたいからビデオを準備しました

(こんな前ふりをいれてみてください)

※当日上映はしない場合
大好きなお父さんお母さん、そして家族のみんなへ
結婚式では泣いて読めそうにないので
感謝の気持ちを込めてビデオを準備しました

(こんな前ふりをいれてみてください)

<ここから本文>
※家族みんなへ順番にメッセージを伝えていきましょう

おばあちゃんへ
小学校から帰るとおばあちゃんがいつもお家にいてくれるだけで
どんなに心強かったかわかりません。
いつもニコニコの笑顔で私を迎えてくれて
本当にありがとう♪
ずっとずっと元気でいてください。

お父さんへ 部活の送り迎えも一回も嫌な顔もしないで
私が疲れて一言も話さない日も笑顔で
イライラしてコーチの文句を言ってる時でも、親身になって
話を聞いてくれてほんとにありがとう
世界一のお父さんのおかげで色んな壁を乗り越えることができました

お母さんへ
私とお母さんは親子?なんだか兄妹?親友のように感じてました(笑)
ケンカもたくさんして相談もたくさんして
いつも本気でお互いぶつかったね
とっても温かい家庭で私を育ててくれてほんとにありがとう

そして○○くんのお父さんお母さんへ
お家に遊びに行くといつも優しくしてくれて
本当にありがとうございました
まだまだふつつかものの私ですがこれからは家族の一員として
どうぞよろしくお願いいたします。
※こちらは例文で省略して掲載しております

オススメの花嫁の手紙ムービー

こちらのビデオが人気です


まとめ

いかがでしたでしょうか? 結婚式の演出もドンドン変化しており、今まで当たり前だったものがやらなくなったり新しい演出が生まれたりしています。 でも『花嫁の手紙』は両親や家族へ感謝の気持ちを伝えるイベントして結婚式で朗読はしなくても、別の形でもいいから伝えたいですね。 ビデオレターの花嫁の手紙いかがですか?


PAMは結婚式ムービーやプロフィールムービーを作るのがとっても得意なんです。是非ご連絡下さい。
詳しくはPAMへお問い合わせ下さい 0238-52-4884