結婚式のプロフィールムービー制作はプロフィールビデオのPAM 
mailお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

結婚式のプロフィールムービーに写真をたくさん使いたい時の活用術

プロフィールムービーに写真をたくさん使いたい時の活用術

プロフィールムービーに写真をたくさん使いたい!でもムービーの長さも気になる!


結婚式のプロフィールムービーに使用したい写真がたくさんある!
でもムービーの全体の長さも「あんまり長くなると飽きちゃうんじゃないかな?」「プランナーさんにあんまり長くしないように言われてるんだけど」こんな時の方法をご案内します。



1.複数枚同時に表示する


1つのコメントにたいして類似写真を2~3枚同時に表示する方法

これは例えばコメント「高校時代の仲良しメンバー 最高に楽しかったね!」のようなコメントが合った場合に、そのグループでの写真を重要な部分が重ならないように工夫して表示することで表示時間の短縮もできますしせっかくの結婚式のムービーで見せたい写真が見せられないといった問題も解決できます。 1番おすすめな方法です。


2.一枚の写真の表示時間を短くする


パッと出てパッと消える

通常写真1枚の表示時間は7秒~8秒程度が見やすいとされます。これはフェードインフェードアウト(透明→表示→透明)の時間で2秒弱使用されますので実質の表示時間は5秒~6秒程度となります。
これを4秒~5秒程度に短縮します、そして(フェードインフェードアウト)をなくしパッと出てパッと消えるといった表示方法で出します。
ただし、このように1枚の表示時間を短くする場合は注意が必要です。

《表示時間を短くする場合の注意点》

コメントが読みにくくなる こちらは写真の表示時間が短くなることで、もちろんコメントを写真に入れている場合コメントの表示時間も短くなりますので読み終われないで次の写真に進んでしまう恐れがあります。
また読む方によって(高齢の方)読めないようではせっかくの結婚式ムービーの意味がありませんので万人が読めるような工夫が必要です。

写真がパッと出るのが違和感となる場合がある

フェードインフェードアウトでやわらかく写真を表示されるのに比べてパッとでる場合、BGMによって違和感を感じられる場合があります。アップテンポな楽曲の場合などは注意が必要です。


3.時間差で出す


写真を時間差で表示したりして写真に動きをつけます

複数枚同時表示の場合、ズームインズームアウトなどの写真への動きがつけることが難しいので同時表示が続くと単調なムービーにもなりがちです。
そこで写真を時間差で表示したりして写真に動きをつけます。 これによって見ていて飽きないムービーになります。


まとめ

いかがでしたでしょうか? 結婚式のプロフィールムービーの準備を進めてアルバムから選んでいるとこれも使いたい!これも使いたい!と絞りきれない、でも時間はあまり長くしたくないといったお悩み解決方法のご案内でした。
せっかくのムービーに入れたい写真を削ってしまうよりは、こちらの方法を活用して是非素敵なプロフィールムービーにしましょう!


PAMは結婚式ムービーやプロフィールムービーを作るのがとっても得意なんです。是非ご連絡下さい。
詳しくはPAMへお問い合わせ下さい 0238-52-4884