結婚式のプロフィールムービー制作はプロフィールビデオのPAM 
mailお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

これで解決!二人の写真が少ないプロフィールムービーの作り方
結婚式のプロフィールムービー二人の写真が少ない場合の対処法

これで解決!二人の写真が少ないプロフィールムービーの作り方


いざ結婚式のプロフィールムービーを作ろうと思ったら、二人が出会ってからの写真がない!
生い立ちの写真は赤ちゃんの写真から小学校・中学・高校と充実しているものの・・・(悩)なんて場合がよくあります。
でも生い立ちパート同様、二人のパートも充実したムービーにする方法があります!



1.二人のパートに合った方がいい写真


まず、こちらは出きればです。 もともと二人の写真が少ないという場合解決法なので、こちらはあればベスト程度でさらっとご観覧下さい。


1-1 二人の出会った頃の写真

二人が会社時代の出会いなら会社時代の写真、大学時代なら大学時代の写真、小学校がはじめての出会いならその頃の写真などがあると 「二人は○○の時にすでに出会っていました」のようなコメントが使えます。

1-2 プロポーズの写真

プロポーズのときの自撮りでもいいのであれば、ツーショットでなくても大丈夫です。 「ガチガチに緊張して望んだプロポーズ」などのコメントでつなげます。

1-3 婚姻届提出時の写真

二人で婚姻届を持っている写真 「○○年○○月○○日 入籍しました」

1-4 家族写真

お互いの家族との集合、両親との4人写真でも大丈夫 「○○家にて これからもよろしくお願いいたします」 このような写真があれば最適な写真です。


2.今から撮影できるものは撮影する


解決法としてはもうスマホでツーショットをバチバチ撮ってしまう
  • これから出来るイベントとして婚姻届などの写真を撮る
  • 結婚指輪の写真を撮る
  • 結婚式準備風景(招待状など)を撮る
  • ご両親の写真を撮って、両親へのメッセージの1枚として利用する

それでも足りない、もしくはムービー用の写真を撮る時間がない時

3.PAMではプロフィールムービー用の特殊演出をご用意しております


特殊演出ムービーは結婚に向けての二人が通ってきたであろうイベントをムービー化したものや、それを補助できる構成アイテムムービーです。
例えば、二人の「第一印象」や「プロポーズ」、そして「婚姻届」などです。
プロフィールムービーに必須といえるイベントを写真がなくても自由に演出する事ができます。
※プランによって使用できる種類や数量が変わります。


旧姓から新姓 

新婦の旧姓から新姓への変更ムービーを制作致します。おむこ様の場合や赤ちゃんの誕生も対応可能です。プロフィールムービーの最後の締めくくりにとても良く合います


第一印象《レトロ》 

新郎から新婦、新婦から新郎の第一印象をキャラクターを使用して演出致します。 レトロタイプ・ハートタイプからご選択頂けます。


プロポーズ《ハート》 

二人のプロポーズの一場面をキャラクターを使用して制作致します。写真と写真のアクセントにピッタリな演出です レトロタイプ・ハートタイプからご選択頂けます。


テロップのみ 

こちらは全体で3箇所使用できます。コメントだけを表示して写真と写真に区切りを付けられます。 アイディア次第でとても効果の高い演出効果ですので、他の演出と組み合わせる事でも使いやすい演出です。


婚姻届 

入籍時の婚姻届の記入を演出する映像です。『コメントのみ演出』を直前に併用すると更にインパクトのある演出となります。


オススメの結婚式ムービー

こちらのビデオが人気です


まとめ

いかがでしたでしょうか? このようにまず、二人の写真を1枚表示→第一印象→二人の写真→コメントのみ二人の写真→婚姻届→エンディングと二人の写真が4枚しかなくても充分ボリュームをつけることができます。
婚姻届のほかにプロポーズなどいれても二人の結婚を決意した瞬間が伝わるいい表現となるかもしれません。
これがただ、4枚を表示するだけですとプロフィールムービーの二人の出会いからのパートはとても短くあっという間に終ってしまいます。
結婚式のプロフィールムービーは二人の生い立ちを紹介することはもちろん、仲人様をつけない現代の結婚式で二人の馴れ初めもしっかり伝えるべきムービーとなります。
是非、写真が少なくても二人が辿った軌跡を表現したいものですね。


PAMは結婚式ムービーやプロフィールムービーを作るのがとっても得意なんです。是非ご連絡下さい。
詳しくはPAMへお問い合わせ下さい 0238-52-4884