mailお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

ファーストミートの魅力とおすすめアイディアをご紹介

ファーストミートの魅力とおすすめアイディアをご紹介


ふたりが結婚式を楽しむためのとっておきの演出「ファーストミート」
欧米の結婚式ではスタンダードな演出でしたが、日本でも最近はじわじわと人気が出てきて、ファーストミートをされる新郎新婦が増えてきました。
ではファーストミートってなに?この演出の魅力って?どんなおもしろいアイディアがあるの? なんてことを詳しくご紹介いたします。



1.ファーストミートとは


結婚式の当日まで新郎新婦お互いに相手がどんな衣装を選んだのかを知らない状態で、当日着る衣装を別々に選び 結婚式当日、お互いのドレスやタキシード姿をはじめて見れる事で感動のご対面を楽しむロマンティックな演出です。

このセレモニーの由来は、親同士が決めた結婚が一般的だった頃、結婚前に花嫁を見て新郎が心変わりしてしまう事を恐れ、 結婚式まではふたりが会う事は許されず、結婚式でのみはじめてお互い会う事が許されるという伝統が生まれたそうです。 花嫁がベールをかぶっているのもその影響だとか・・・。
そんな伝統から欧米では結婚式前に花嫁を見るとBadLuck(バッドラック)と言われているため、このような演出が生まれたとのことです。


2.感動的なファーストミートの魅力


ファーストミートの一番の魅力と言えばもちろん新婦のドレス姿をはじめて見れる新郎の感動にあります。 美しいドレスを着た新婦は今までで一番魅力的なはず、結婚式当日にこんな感動を味わうことができるのはファーストミートならではです。

そして、お互いがどんなドレスやタキシードを選んだのかを分からないようにする必要がありますので それぞれの衣装選びはお互いに時間を合わせていく必要もありませんので、忙しい新郎新婦様にはピッタリですね。


3.ファーストミートのタイミング


ではファーストミートはいつ行うのでしょうか?

タイミングとしては何通りかございまして1つはふたりの準備が整い挙式が始まる前です。
新郎新婦別々のブライズルームで支度を行い、新郎が新婦のブライズルームへ行く場合やその逆も、ロケーション撮影も兼ねて外で行ったり、教会でなど様々です。

ファーストミートのアイディアはコチラ


もうひとつのタイミングとしましては前撮りの日です。
ファーストミートは当日までふたりの衣装を知らせないのが条件ですので、前撮りの撮影はしないか、もしくは当日着ない衣装での撮影となります。 撮影を当日に行う場合は通常の来館時間より早く来館し準備をし、ウェディングドレスで撮影し 披露宴が終わったら今度はカラードレスで撮影を行うといったハードなスケジュールとなり花嫁様の負担も通常より大幅に増えてしまいます。
また衣装選びが別々に行うことでふたりの衣装の統一感が取れなかったりといったデメリットがございますので、小物などで統一感を持たせるなどの工夫も必要のようです。
そこで、本来ファーストミートは結婚式当日の演出として行うものですが前撮りの日にファーストミートを行う方も増えてきているようです。

どちらにしてもファーストミートをしたいと思ったら、まずはプランナーさんに相談してみましょう。
ファーストミートはまわりの協力が不可欠な演出となりますので、会場によってはファーストミートはNGの場合もございますので。


4.両親・家族とのファーストミート


新郎とのファーストミートを行ったら、今度は両親・家族や特別な友人とのファーストミートを行うことも最近は人気のようです。
花嫁の家族へ特別にファーストミートを行う時間を準備する事で、お父さんお母さん、そして花嫁姿を心待ちにしていた おじいちゃんおばあちゃんの喜ぶ顔を見ることが出来るはずです。


5.ファーストミートのアイディア


(1)花嫁が後ろから登場


出典:https://ourstart.com

待っている新郎に花嫁が後ろから声を掛け振り返るファーストミート。定番ですね!


(2)お互いに風船(バルーン)で隠しながら

出典:http://sharonnicolephotography.com/2013/05/jessica-jeff-madera-estates-wedding/

お互いに風船をもって近づいて目の前で風船をはなしてご対面します。


(3)ふたりで背中合わせで目隠し

出典:http://www.georgestreetphoto.com/

プランナーに誘導してもらいふたり背中合わせで目隠ししてファーストルック。


(4)友達に目隠しをしてもらうファーストミート

出典:http://wedding.kaede-abito.com/

友達に目隠ししてもらい近づいていくやり方です。


(5)エレベーターを利用してのファーストミート

出典:http://www.bridalguide.com/

別々のエレベーターを利用して同階にてご対面です。


(6)階段から新婦が下りてくるファーストミート

出典:https://www.exquisiteweddingsmagazine.com/2013/11/finishing-touches-first-look/

階段に背を向けて立つ新郎に新婦が後ろから階段をおりてきてのファーストミートです。


(7)ドアtoドアでファーストミート

出典:https://www.brides.com/gallery/first-look-wedding-photos

ドアを開けてご対面、式場にドアがあるかどうか確認ですね。


このようにたくさんのファーストミートのアイディアがありますので、プランナーさんと相談をしながらどんなファーストミートがしたいかを 決定しましょう。この感動を写真におさめることも忘れてはいけません。是非カメラマンさんともよく打ち合わせをして下さい。


まとめ

いかがでしたでしょうか?
結婚式が一層感動的になるファーストミート(ファーストルック)をご紹介させて頂きました。 繰り返しになりますがファーストミートはまわりの協力なしでは出来ませんし、何かとスケジュールの調整も必要です。 打ち合わせをしっかり行い感動のファーストルックを成功させましょう!


PAMは結婚式ムービーやプロフィールムービーを作るのがとっても得意なんです。是非ご連絡下さい。
詳しくはPAMへお問い合わせ下さい 0238-52-4884