結婚式のプロフィールムービー制作はプロフィールビデオのPAM 
mailお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

結婚式のプロフィールムービーを上手に作るコツ《一般》
結婚式のプロフィールムービーを上手に作るコツ

結婚式のプロフィールムービーを上手に作るコツ《一般構成》


二人の生い立ちを紹介する結婚式で上映するムービー(いわゆるプロフィールムービー)をストーリーをつけて上手に制作する方法をご紹介致します。
数千件というプロフィールムービーを制作してきましたので、その一般的な構成から友人への感謝系・両親への感謝系などの効果的な演出方法をご紹介致します。
今回は一般的な構成にてご紹介致します。



1.はじめに大まかな構想と素材


必要とする素材は写真とコメント?動画も?

プロフィールビデオを制作するにあたって、まず必要なものを考えましょう!
実家のアルバムなどから小さい頃の写真など抜き取って準備します。
データ化した場合はスキャナ・もしくはあまりオススメではありませんがスマホで写真を撮影などの方法があります。

こちらは《結婚式のプロフィールムービーに使用する写真の選び方》を参考にして下さい。

動画などがあればもっとムービーが素敵になりますので、まぁスマホがありますので自撮りなどしてメッセージを入れるも良し、婚姻届の提出時を撮影してもらうなどもいいですね。

それではムービーの構成について

一般的なストーリーの流れとしては

「オープニング」
   ↓
「新郎パート」
   ↓
「新婦パート」
   ↓
「二人の出会い」
   ↓
「二人パート」
   ↓
「エンディング」
となります。
それではこのながれについて順を追って詳しくご紹介していきます。


2.プロフィールムービーの始まり


いわゆるオープニングの部分ですね

「英語のウェルカムコメント」と「二人のツーショット写真」などで構成します。
《Thankyou for coming》= ご出席ありがとうございますのような意味合いのメッセージから始まり 二人のツーショット写真を表示します。
そして、ゲストへのオープニングメッセージを表示します。

例文として

本日は大変ご多用のところご出席頂きまして本当にありがとうございます 皆様にとっても楽しいひと時になれば幸いです


3.新郎新婦生い立ちパート


新郎新婦の誕生から幼少期を経て成人までの紹介

生い立ち部分の紹介は時系列でなるべくたくさんの列席者が映っている写真を使いましょう
《誕生》=(出来ればお母さんに抱っこされているもの)
《1歳から6歳》=(親戚などとの写真も列席している親戚にとても好印象です)
《小学校》=運動会や幼馴染との集合写真などもいいですね
《中学校》=部活動の写真などでお互いの中学生活ではどんなことをしていたのかも合わせて友人を紹介します
《高校》=この頃になると親友なども出来ている場合は親友とのツーショットなども良いでしょう
《大学~社会人》=こちらには列席者や上司などもいるかと思います。是非使用したいですね。

補足として:出会いが小学校だったりした場合は「この時すでに新郎(新婦)と出会っていました》などの紹介も効果的です。


4.二人の出会い


生い立ちパートが終わり二人のパートにつなぎます

このお互いの生い立ちから二人のパートに移る際に一区切りとして両親や友人などへ一言感謝のメッセージなどを入れるのも構成的に効果的です。
プロフィールムービーを飽きさせずに最後まで物語的に観覧して頂くのにとても大切です。

例文として

今まで大切に育ててくれた家族、そして支えてくれた仲間のおかげで私達は出逢う事が出来ました。

こんなメッセージでもOKです!


5.二人のパート


それでは最後に二人の馴れ初めなどを順を追ってご紹介

二人の出会いから始まりここで一度時系列を出会ったばかりに切り替えます。
《出会った頃の写真》=ツーショットでなくてもツーショットでもどちらでも大丈夫ですが

ここで第一印象を紹介

ツーショットの場合は
ツーショットの写真=(○○年○○月 私達は○○で出逢いました)
それからコメントのみでも良いのでお互いの第一印象を紹介
お互いの一人ひとりの写真があれば写真を見せながらでもOKです。


交際中の写真を紹介

交際中の写真を紹介、《春》《夏》《秋》《冬》などのように季節を追って紹介するのもオシャレですね。オススメです。

プロポーズ

プロポーズの場所の写真などあれば写真を表示してその後にコメントのみで「プロポーズの言葉」など入れましょう。
これで緊張感や成功の印象など色んな雰囲気が伝わります。

両親との顔合わせ

両親との顔合わせの写真などありましたら、二つの家族がひとつになった記念ですので是非紹介しましょう。
お互いの家族にはもちろん好印象です。

婚姻届提出

二人で婚姻届を持っているツーショット!結婚皆さん撮ってますよね?コメントで「○○年○○月○○日」→写真などの構成も効果的です。


6.エンディング


この辺から締めのパートに移りますね。
「これからもっとたくさんの思い出を作っていきます」のようなコメントで締めに持っていき最後に長文のメッセージで終了です。

例文として

今日から最高のパートナーとの新しい人生が始まります。 その一日一日に皆様の笑顔がともにありますようお祈りしております。


オススメのプロフィールムービー

参考サンプル


まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回はプロフィールムービーとしては一般的な新郎新婦の生い立ちから二人の馴れ初めといった流れでの上手な作り方をご紹介いたしました。
ところどころの重要なところを大切にして作ることで素敵なプロフィールムービーが出来上がり、結婚式が更に楽しみになります!


PAMは結婚式ムービーやプロフィールムービーを作るのがとっても得意なんです。是非ご連絡下さい。
詳しくはPAMへお問い合わせ下さい 0238-52-4884