結婚式のプロフィールムービー制作はプロフィールビデオのPAM 
mailお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

急増中の「ナシ婚」!でも後悔しない為にやっておきたい大切な事

急増しているナシ婚

急増している「ナシ婚」!でも後悔しない為にやっておきたい大切な事


結婚式はカップルが入籍すると必ず行う女性の憧れだったはず。しかし近年、結婚式をあげない『ナシ婚』が増えてきています。 『ナシ婚』とは「入籍はするけど結婚式はしない」という結婚の形です。今や2組に1組が『ナシ婚』となっているの現状のようです。


ナシ婚の理由


1.トップは経済的事情


平均すると350万円ほどかかる結婚式の費用。 20代30代の平均年収は調査会社によってさまざまですが、約300万円程度がおそらく正解のよう。
非正規の場合200万円程度という調査もあり、結婚式の350万円を捻出するのはとてもとてもという方ももちろん少なくありません。
このお金があるなら新生活の準備や新婚旅行など、他の事に使いたいというのも現在らしい考えなのかもしれません。


2.授かり婚


妊娠が判明し、「新婦様の体調を考慮して、結婚式は機会があれば改めて行う」「産後、子供も交えて落ち着いてから行う」などの理由で一時的にナシ婚という形をとられる場合もあるようです。


3.セレモニーが嫌


「結婚式のような人前に立つセレモニー自体、恥ずかしい。。」また「形式ばった結婚式には興味がない」などの意見も聞かれます。


ナシ婚は離婚率が高い?


1.離婚しているカップルの8割がナシ婚?


ゲストハウスウエディングを展開するアニヴェルセルの『アニヴェルセル総研』が全国の23歳~39歳の既婚男女600名と婚姻歴のある独身男女142名を対象に行ったアンケートの結果から 離婚暦のある方の8割以上が『何もしていない』との調査内容でした。
離婚の理由はいろいろあるかと思いますが、結婚式や何らかのセレモニーを行うことは二人の今後の生活にも影響するのかもしれません。


ナシ婚でもやっておきたい大切な事


1.ナシ婚カップルの7割以上が後悔?


ぐるなびウェディングが『結婚式をしていない男女』に対して調査を行ったところ71.5%が「心残り」と回答したそうです。
そして、その理由が『両親に感謝を伝えられなかった』『両親に花嫁姿を見せれなかった』との理由のようです。
結婚式は今まで大切に育ててくれた両親へ感謝を伝える事ができる大事な機会であり、親族や親しい友人達にお互いを紹介できる大事な機会でもあるということのようです。


2.そこで『ナシ婚』でも是非やっておきたい事をご紹介


親族や親しい友人には入籍の報告をはがきで送りましょう

入籍はしたものの、親族の方さえそれを知ったのは数年後なんてことがあります。そんな非常識にならないためにも入籍をしたら是非はがきで報告しましょう。
お二人の入籍の写真を撮ってお互いを紹介するといった事がベストかもしれませんが、写真はちょっとという方も是非二人が結婚した事を文面でだけでもお伝えし今後改めて紹介するようにして円滑な親族・友人関係を築きましょう。 「結婚報告はがきの制作サイト」


両親へお二人の生い立ちビデオを送ってみては?

お互いの生い立ちを両親に紹介する機会もなかなかありませんし、ナシ婚の後悔した理由のトップにあげられる「両親への感謝を伝えられなかった」を解消できるプレゼントを贈りましょう。
最近は結婚式でプロフィールムービーを必需といえるほど8割以上が制作しております。
これは結婚式でお二人を全員に紹介するだけのものではなく、両親へ育ててくれた感謝を伝える役割がとても大きいんです。
実際、ムービーを見て1番喜んでくれるのは両親が圧倒的に高いといわれます。
結婚式上で制作しスクリーンを借りて上映する場合、少々高額になりがちですが制作しプレゼントしてご家庭のテレビで観覧頂くにはそんなに高価なプレゼントにもなりませんし、金額以上の価値は充分にあります。
ムービーの内容を結婚式でながすものより、両親へのメッセージ性を考えて制作することでとても素敵なプレゼントになることでしょう。


写真だけのウェディング

セレモニーで人前に立つのが苦手な方も女性の憧れでもある花嫁姿を写真に収めてはいかがでしょう?二人が惹かれあって結ばれた輝いてる時間はとても大事です。
是非形ある思い出に残しておければいいですね。


オススメの結婚式ムービー

こちらのビデオがオススメ


まとめ

いかがでしたでしょうか? 現在はあまりお金をかけない『地味婚』や家族や親族のみの『アットホーム婚』なども増えており結婚式へのこだわり方の価値観が若者独自の新しい形に様変わりしているのかもしれません。
価値観は変わっても、『ナシ婚』を選択して後悔しているカップルが多いことも事実です。
後悔されている理由に基づき『ダケ婚』という形で「はがきとムービーだけ」「ムービーと写真だけ」「はがきと食事会だけ」などのように大切なことを選んで後悔のないようにして頂ければと思います。


PAMは結婚式ムービーやプロフィールムービーを作るのがとっても得意なんです。是非ご連絡下さい。
詳しくはPAMへお問い合わせ下さい 0238-52-4884